出来高10位占有率

「出来高10位占有率」とは、株式市場において取引が行われた銘柄の中で、取引量(出来高)が上位10位までの銘柄が全体の取引量に占める割合を指す指標です。これを通じて、市場の取引が特定の銘柄に集中しているか、あるいは分散しているかの傾向を把握できます。

出来高10位占有率が高いということは、特定の銘柄への取引が集中しており、市場全体の動きがそれらの銘柄の動きに大きく影響される可能性が高いと言えます。逆に、この率が低ければ、多くの銘柄に取引が分散していることを示し、市場全体の安定性が高いと判断できることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。