店頭FX

「店頭FX」とは、証券取引所を介さずに、金融機関が直接顧客と取引を行う外国為替(FX)取引を指します。店頭取引とは、文字通り「カウンター越しの取引」を意味し、金融機関同士、または金融機関と顧客の間で直接行われる取引を指します。このため、店頭FXは証券取引所のような公式な場を介さないため、取引時間や条件が柔軟であるという特徴があります。しかし、公式な取引所を通さないため、取引の透明性や保護が低くなるリスクも伴います。日本では、多くのFX業者がこの形態で取引サービスを提供しており、投資家は為替レートの変動に賭けて利益を追求します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。