天井三日底百日

「天井三日底百日」とは、証券取引における古くからの格言の一つで、株価の動きに関する観察から得られた知恵を表す言葉です。直訳すると「天井(ピーク)は3日で、底(ボトム)は100日」という意味になります。

この格言の背景には、株価がピークに達した後は短期間で下落することが多いのに対し、最低点に達した後は長期間その水準で推移しやすいという市場の傾向があります。つまり、株価が高騰しているときの euphoria(楽観的な期待)は短命であり、反対に、株価が低迷している時の pessimism(悲観的な期待)は長く続きやすいという現象を示しています。この格言は、投資家にとって、市場の感情やトレンドに対する洞察を与えるものとして参考にされます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。