手元流動性

「手元流動性」とは、企業や個人が直ちに利用可能な現金や現金同等物を指します。この用語は、即座に支払い能力があるか、または短期間の資金ニーズに応えられるかどうかを示す指標として使われます。例えば、企業が急な支出や投資の機会に対応するため、または経済環境が厳しくなった際に運転資金として利用するために、ある程度の手元流動性を確保しておくことは重要です。この手元流動性が高いと、企業は財務上の安定性が高いと判断されることが多い。反対に低いと、短期的な資金繰りに問題がある可能性が示唆されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。