手仕舞い

「手仕舞い」とは、証券取引において、既に持っているポジションを反対の取引で解消する行為を指します。簡単に言えば、買った銘柄を売る、または売った銘柄を買い戻すことで、そのポジションをクローズすることです。

例えば、ある銘柄の株を購入した後、その価格が上昇して利益が出たとしましょう。その利益を確定させるために、その銘柄の株を売る行為を「手仕舞い」といいます。逆に、売りから入った場合(空売りの場合)、価格が下がって利益が出たときに買い戻す行為も「手仕舞い」と言います。

手仕舞いは、利益を確定させるためや損失を制限するため、または市場観の変化に伴ってポジションを整理するために行われます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。