手じまい売り

「手じまい売り」とは、特定の期日や期限が近づくにつれて、投資家やトレーダーが持っているポジションを解消するための売り注文のことを指します。この動きは、主に期末や決算期、またはデリバティブ商品の決済日前などに見られるもので、ポジションの調整やリスクを減少させるために行われます。

例えば、年末に近づくと多くの投資家が年内の損益を確定させるため、またはリスクをオフにするために保有している銘柄を売ることが一般的です。このような売りの動きは、市場全体に短期的な価格の下落圧力をもたらすことがあるため、市場参加者はこの時期の動きを注意深く観察します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。