手口

「手口」とは、証券市場における取引の方法やスタイル、特定の投資家や機関の取引行動を指す言葉です。特に、大口投資家や機関投資家が市場に与える影響を示す際にこの言葉が使われることが多いです。

例えば、ある銘柄の株価が大きく動く際、大量の売買が行われたとして「大口の手口が入った」と言われることがあります。また、市場で特定の取引パターンが見られると、「これは誰々の手口だ」と指摘されることも。

ただし、「手口」を追いかけることはリスキーであり、初心者が短期的な取引で利益を追求する際の参考とするだけで、完全にその動きに依存するのは避けるべきです。市場は多様な要因によって動くため、一つの手口だけに注目するのは危険です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。