敵対的TOB

「敵対的TOB」とは、買収対象企業の経営陣の同意を得ずに、他の企業や投資ファンドなどがその企業の株式を公開買付けする行為を指します。TOBは「Takeover Bid」の略で、公開買付けのことを意味します。

通常のTOBは、買収を希望する企業と買収される企業の間で事前に合意が取られて行われますが、敵対的TOBはその名の通り、買収対象の企業の経営陣の同意を得ないままに行われます。これは、買収を試みる側が、買収対象企業の資産や事業ポテンシャルに価値を見いだし、株主に直接アプローチして買収を進めようとするケースが多いです。

敵対的TOBは、市場の効率性や企業の経営資源の最適化を促す一方、経営陣の防衛策や経営の混乱を引き起こすリスクもあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。