適時開示

「適時開示」とは、上場企業が保有する重要な情報を、公正かつ迅速に市場や投資家に公開することを指す用語です。これは、情報の非対称性を解消し、公平な証券市場を維持するための重要な仕組みとなっています。

具体的には、企業の業績予想の修正、経営上の重大な決定(M&A、事業再編など)、経営環境の大きな変動など、株価に影響を及ぼす可能性がある情報が発生した場合、企業はその情報を速やかに公開する義務があります。

適時開示を適切に行うことで、投資家は最新かつ正確な情報に基づいて投資判断を下すことができ、市場全体の信頼性や透明性が向上します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。