適格機関投資家

「適格機関投資家」とは、金融商品取引法に基づいて定義される、特定の資格を持つ機関投資家のことを指します。これらの投資家は、その金融知識や資産規模、リスク管理の能力が高いとされるため、一般の小口投資家に適用されるいくつかの規制が緩和される特例的な取扱いを受けることができます。

具体的な例としては、金融機関、保険会社、年金基金、特定の投資信託などが該当します。これらの適格機関投資家は、一般の投資家と比較して、より柔軟な投資活動を行ったり、特定の高リスクな金融商品への投資を行うことが可能となります。しかし、その反面、リスクも高まるため、十分な知識と判断が求められます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。