適温相場

「適温相場」とは、証券市場における相場の動きを形容する言葉の一つで、極端な上昇(暴騰)や下落(暴落)がなく、穏やかに動いている市場の状態を指します。言葉の通り、「適切な温度」で進行している相場、つまり過熱も冷え込みもしていない状態を比喩しています。

適温相場は、投資家にとっては比較的安心して取引が行える環境と言えるでしょう。大きな変動が少ないため、短期的なリスクを気にすることなく、中長期的な投資判断を行いやすくなります。ただし、このような相場も長く続くと、新たな手掛かりや材料を待つ「手掛かり難」の状態に移行することもあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。