テイラールール

「テイラールール」とは、中央銀行の金融政策に関する指針として提案された経済学的な公式です。このルールは、1993年にアメリカの経済学者ジョン・テイラーによって提案されました。基本的な考え方は、インフレ率と実質GDP(国内総生産)のギャップを基に、中央銀行が目指すべき政策金利を算出することです。

具体的には、テイラールールは次のような式で表されることが多いです。
政策金利 = 均衡実質金利 + 0.5 × (インフレ率 – 目標インフレ率) + 0.5 × (GDPギャップ)

このルールを使用することで、インフレ率が目標を超えると金利を引き上げ、経済が低迷していると金利を引き下げるといった、自動的な金融政策の調整が可能となります。しかし、現実の金融政策決定においては、多様な要因が考慮されるため、テイラールールはあくまで参考の一つとして用いられます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。