低PER効果

「低PER効果」とは、PER(株価収益率)が低い銘柄、すなわち「割安」と考えられる銘柄が、長期的に高いリターンをもたらすというアノマリーです。

PERは、株価を1株当たりの利益(EPS)で割ったもので、企業の収益性と現在の株価の関係を示す指標です。PERが低いとは、株価がその企業の利益に対して割安であることを示しています。

「低PER効果」は、これらの「割安」な銘柄が中長期的に過小評価を受けており、その後市場で再評価される可能性が高いため、結果として高いリターンをもたらすという考えに基づきます。投資家はこの効果を参考に、投資先の選択を行うことがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。