定時償還(投資信託)

「定時償還」とは、特定の投資信託に関する用語で、あらかじめ設定された期日に、投資信託の受益権を償還(返還)する仕組みを指します。これは、通常のオープンエンド型投資信託とは異なり、クローズドエンド型や一部の特定の投資信託で見られる特徴です。

具体的には、定時償還型の投資信託は、初めに発行されるときにその償還日が決まっており、その日が来ると資産を売却して投資家に元本やそれに伴う利益を返すことが目指されます。このような制度のある投資信託は、その返済日までの期間、投資対象や運用方針が一定であることが多いです。投資家は、この定時償還の日を念頭に投資判断をすることが求められます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。