定期昇給

「定期昇給」とは、一定の期間ごとに自動的に決まった額の給与が上がるシステムを指します。多くの企業では、勤務年数や経験に応じて、従業員の給与を定期的に見直し、昇給することが一般的です。このシステムにより、従業員のモチベーション向上や長期勤務を奨励する効果が期待されます。しかし、実績や能力に応じた昇給とは異なるため、パフォーマンスの評価とは独立して行われることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。