定期金に関する権利

「定期金に関する権利」とは、証券の分野では特定の期間や回数にわたって、定められた金額を受取る権利を指します。具体的には、この権利を持つ者は、契約に基づき定期的に一定の金額を受け取ることができます。例えば、債権や特定の投資信託など、所定の期間や回数にわたって利息や分配金を定期的に受け取る権利を持つ場合、それを「定期金に関する権利」と言います。この権利は、投資家が安定した収益を期待して投資する際の重要な判断基準となることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。