定款

定款」とは、企業の基本的な事項や組織の運営に関する基本ルールを定めた文書のことを指します。定款は、株式会社を設立する際に作成され、公証役場に提出されます。主に、以下のような内容が記載されています。

・会社の名称と目的
・本店の所在地
・設立時の出資額や株式の総数
・取締役や監査役の選任方法と任期
・株主総会の開催方法や決算期日

企業が経営方針を変更する際や、企業組織を大きく変えるときには、定款を変更する必要があります。その際には、株主総会の決議が必要となり、一定の手続きを経て変更が行われます。定款は、企業の「法的な基盤」や「ルールブック」とも言える重要な文書です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。