低位株

「低位株」とは、その価格が低く、通常は一株数十円から数百円程度の株式を指します。低位株は、その安い価格から少ない資金でも多数の株式を購入することが可能であるため、個人投資家に人気があります。

しかし、低位株は高いボラティリティ(価格変動の大きさ)を持つことが多く、大きな利益を狙える反面、大きな損失のリスクも伴います。また、低位株になる背景には、企業の経営状況が厳しい、不祥事や業績不振などのネガティブな要因があることも多いです。

したがって、低位株への投資を検討する際は、その銘柄の背後にある経営状況や市場の評価、業界の動向などを十分にリサーチして、冷静な判断が必要とされます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。