強含み

「強含み」とは、証券市場の専門用語で、特定の銘柄や市場全体が前の取引日や一定の基準時点に比べて上昇傾向にあることを示す言葉です。具体的には、株価が前日の終値よりも高い価格で取引されている場合や、一定の時間帯の終値と比べて高い価格帯で取引されている状況を指します。

この言葉は、市場の参加者の間でのポジティブなセンチメントや、好意的なニュース、強い買い意欲などがその背後にあることを示唆することが多いです。しかし、市場の動きは様々な要因によって影響されるため、「強含み」の状態が継続するかどうかは様々な要因によって変わり得ます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。