強含み横バイ

「強含み横バイ」という言葉は、日本の証券市場におけるトレードの際の表現の一つです。この表現を分解して説明します。

1.「強含み」: 株価やその他の金融商品の価格が、前の取引日や前の取引時間帯に比べて上昇することを示しています。
2.「横バイ」: 「横」とは価格が大きく上下しないで、ある程度の範囲内での小動きを指します。一方、「バイ」は「バイアンドホールド」、つまり「買って持っておく」戦略を指します。

したがって、「強含み横バイ」とは、価格が前回の取引に比べてやや強い状態で、かつ大きな動きがない中で、保有し続けるもしくは新たに購入するという状況や戦略を指しています。これは、市場の参加者が現在の価格での取引を安定的に見ていることを示唆していることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。