突込み売り

「突込み売り」とは、証券取引における取引戦略の一つで、特に株価の動きに関連した用語です。突込み売りは、株価が急激に下落した際に、さらにその下落を追い打ちするように売り注文を入れる行為を指します。

具体的には、市場の参加者がパニック売りなどで大量に株を売却し始めると、その動きがさらなる売りを引き起こす可能性があります。このような状況で、追加の売りを入れることで、株価の下落をさらに加速させることを「突込み売り」と呼びます。

突込み売りは、短期的な取引利益を追求するトレーダーや、市場の過熱を警戒してリスクを回避したい投資家によって行われることがあります。しかし、このような取引行為は市場の不安定化を招くことがあるため、注意が必要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。