通貨戦争

「通貨戦争」とは、複数の国々が自国の通貨の価値を意図的に誘導することで、国際的な競争優位を得ようとする状況を指します。通貨の価値が低下すると、その国の輸出商品が相対的に安価になり、輸出が促進されることが期待されます。このため、経済を刺激する目的で通貨を安くしようとする動きが出てきます。

しかし、一国が通貨を下げると、他国の輸出に悪影響を及ぼすため、報復として他国も通貨を下げる動きを見せることがあります。これが繰り返されると「戦争」と称される状態になります。

通貨戦争が長期化すると、世界経済の不安定化や保護主義の拡大などのリスクが高まるため、経済の健全な成長を阻害する恐れがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。