シラーPER

「シラーPER」は、ノーベル経済学賞受賞者であるロバート・シラー教授が提唱した株価評価指標です。通常のPER(株価収益率)は1年分の利益で評価しますが、シラーPERは過去10年間の平均利益で評価します。これにより、一時的な利益変動の影響を抑え、より長期的な視点で企業の価値を評価することが可能になります。高ければ高いほど割高、低ければ低いほど割安と判断します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。