消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数(CPI)は、一般的な家庭が日常生活で消費する商品やサービスの価格の変動を測る指標です。つまり、生活費がどれだけ上がったか、または下がったかを示しています。例えば、CPIが上昇すると、物価が上がっていることを意味し、逆に下がると物価が下がっていることを示します。この指数は、中央銀行が金利政策を決定する際の重要な参考になります。また、投資家にとっては、インフレーションの動向を把握するための重要な指標となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。