消費者態度指数

「消費者態度指数」とは、消費者の経済に対する信頼や期待を測るための指標です。内閣府が毎月実施している「消費動向調査」の結果をもとに作成されています。具体的には、家計の状況、雇用の見通し、物価の動きなどに対する意識や期待に基づいて算出されます。指数が高い場合、消費者が経済に対して楽観的であることを示し、消費活動が活発になる可能性が高まります。逆に、指数が低いと消費者の不安や悲観的な見方が強まっていることを示唆します。この指数は、経済の動向を予測する際の重要な手がかりとして利用されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。