証拠金

「証拠金」とは、取引を行う際に投資家が証券会社や取引所に預ける保証金のことを指します。証拠金取引では、この証拠金を元手として、その何倍もの金額の証券を購入・売却することができるため、レバレッジ効果(倍率効果)を利用して取引が行われます。しかし、レバレッジを使用することで、利益のチャンスは大きくなる一方、損失のリスクも増大します。もし市場が逆の方向に動けば、証拠金以上の損失が発生する可能性もあるため、取引する際のリスク管理が非常に重要となります。証拠金は、そのようなリスクをカバーするための保証として機能します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。