証券取引法

証券取引法」とは、証券の公募や売買に関する取引を公正かつ透明に行うためのルールや規定を定めた日本の法律です。この法律の主な目的は、投資家の保護と公正な証券市場の確保です。証券取引法は、企業が公に株式を売る際の情報開示のルール、不正取引(例:インサイダー取引)の禁止、証券業者の業務規範など、多岐にわたる証券取引に関する活動を監督・規制します。違反すると、罰金や懲役などの刑事罰が科されることもあります。この法律によって、投資家が安心して証券市場での取引を行える環境が整備されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。