種類株式

「種類株式」とは、特定の権利や条件を持った株式を指します。一般的な株式は、投票権や配当、会社の資産への権利などが平等に与えられますが、種類株式はこれらの権利が特別に設定されています。例えば、特定の投票権を持たない株式や、固定の配当を受け取ることができる株式などが該当します。

この種類株式は、企業が特定の資本調達や経営戦略を進める際に、特別な条件で株式を発行したいときや、特定の株主との関係を維持したい場合などに使用されます。通常の株式とは異なる権利や条件が付与されているため、取引や評価に際してはその特性を理解する必要があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。