集団行動条項

「集団行動条項」(Collective Action Clause: CAC)は、債権(特に国債)の契約条件の一部として含まれることがある特定の条項のことを指します。この条項の目的は、債務不履行や再編成の際に、債権者間の調整を容易にすることです。

集団行動条項が存在する場合、特定の多数(例えば、債権者の75%)が再編成や再交渉の条件に合意すれば、全債権者にその条件が適用されるというメカニズムが備わっています。これにより、少数の債権者が再編成や債務の再交渉を妨害することを防ぐ効果があります。

特に、国の債務再編成の際に、多数の債権者との合意が必要な場合、集団行動条項は非常に重要となり、効率的な債務再編成をサポートする役割を果たします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。