囚人のジレンマ

「囚人のジレンマ」とは、ゲーム理論における有名な問題で、相互の選択によって最適な結果を得られるかどうかを考えるものです。具体的なストーリーは、2人の犯罪者が逮捕され、それぞれが協力するか裏切るかの選択を迫られるシチュエーションです。

1.両方が協力(黙秘)すれば、軽い刑になる。
2.一方が裏切り、もう一方が協力する場合、裏切った方は釈放され、協力した方は重い刑を受ける。
3.両方が裏切る場合、両方とも中程度の刑になる。

理論上、互いに協力するのが最も良い結果をもたらすが、信頼がないと互いに裏切る選択をする可能性が高く、結果として双方が不利益を受けるというジレンマが生じます。この問題は、協力と競争のバランスや、信頼と不信の関係性を示す一例として引用されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。