終身保険

「終身保険」とは、保険料を払い込めば、解約をしない限り保障が継続し、死亡時に保険金が支払われる保険商品のことを指します。つまり、終身保険は加入者がいつ死亡しても、指定された受取人に保険金が支払われるという保証があります。

終身保険は、死亡保障を主目的とした商品で、家族の生計を守るためや、葬儀費用、相続税対策などの資金確保の手段として利用されます。一般的に、保険料は固定されており、一生涯変わらない金額を支払い続けることになります。また、終身保険には、長期間継続して契約することで貯蓄性の要素が生まれる場合もあります。これにより、将来的な資産形成や老後資金の一部として利用することも可能です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。