終身雇用

「終身雇用」とは、一度採用された社員が、基本的に退職・解雇されることなく、定年までその企業で働き続ける雇用慣行のことを指します。特に日本の大企業において、高度経済成長期からバブル期にかけてこの慣行が確立されました。

終身雇用制度の下では、新卒採用が主体となり、入社後は企業内での研修や教育を受けながら、多様な業務を経験することでキャリアを築いていきます。この制度は、従業員に安定した雇用を保障する一方で、企業は長期的な視点での人材育成や人材の確保が可能となります。しかし、近年の経済の変化や労働市場の多様化に伴い、終身雇用の維持が難しくなってきており、その存在感は次第に減少しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。