社外取締役

「社外取締役」とは、企業の経営や日常業務に直接関与していない、中立的な立場の人物が取締役として任命されることを指します。彼らは企業の内部に属さないため、経営判断において独立性を保ちやすいとされ、企業の経営透明性やガバナンス(企業統治)の向上に貢献すると期待されています。

社外取締役は、経営陣の意思決定に客観的な意見やアドバイスを提供し、企業のリスク管理や不正行為の防止に役立つ役割も果たします。投資家や株主にとっては、企業が適切に経営されているかを確認するための一つの指標として、社外取締役の存在が重視されることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。