金本位制

金本位制とは、通貨の価値を一定量の金に固定し、その金の量に相当する通貨を発行する制度です。つまり、紙幣や硬貨を発行する国が、いつでもその通貨を金と交換できると約束することで、通貨の信頼性を保証します。19~20世紀初頭にかけて導入されていたこの制度により、国際貿易が円滑に行われる基盤が整いましたが、金の供給量に通貨量が依存するため、経済の拡大に柔軟に対応できないという問題もありました。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。