恐怖指数

「恐怖指数」とは、正式には「VIX指数」と呼ばれ、株式市場の変動性(ボラティリティ)の大きさを数値で示したものです。この指数が高いと、投資家が株価の大きな変動を予想していることを意味し、市場に不安や恐怖が広がっている状態を表します。逆に、指数が低ければ市場は安定しているとされます。VIX指数は、シカゴ・オプション取引所で取引されるS&P 500指数オプションの価格から計算され、市場のリスク感知度を測るバロメーターとして使われています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。