共創経営

「共創経営」とは、企業が従業員、顧客、取引先、地域社会など様々なステークホルダーと協力し、共に価値を創造する経営手法です。このアプローチでは、一方的な利益追求ではなく、相互の利益と持続可能な成長を目指します。例えば、従業員のアイデアを積極的に取り入れたり、顧客との対話を通じて新しい商品やサービスを開発したりすることが含まれます。共創経営は、長期的な信頼関係の構築と企業価値の向上に寄与するとされています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。