QE2

「QE2」とは、2008年の金融危機後にアメリカの中央養成である連邦準備制度(FRB)が行った第二次量的緩和政策のことを指します。量的緩和(QE)とは、中央銀行が金融市場から国債などを大量に買い取ることで、市場に資金を供給し、金利を下げる政策のことです。QE2は2010年から2011年にかけて行われ、FRBが国債を6000億ドル購入しました。これにより、金利が下がり、企業の借り入れコストが下がるなど、経済活動を刺激する効果が期待されました。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。