キャリートレード

キャリートレードとは、金利の低い国の通貨を借りて、金利の高い国の通貨で運用する投資手法のことを指します。例えば、日本の金利が低いために円を借りて、そのお金で金利の高い国の通貨を買い、その金利差を利益とする方法です。ただし、通貨の価値が変動するリスクがあるため、必ずしも利益が出るわけではありません。このようなリスクを考慮しながら、うまく金利差を利用して利益を出すのがキャリートレードです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。