CAPM

「CAPM」は「Capital Asset Pricing Model」の略で、資本資産価格モデルと訳されます。これは、投資のリスクとリターンの関係を数学的に表現したモデルで、投資家がリスクを取ることで得られるリターン(利益)がどれくらいになるかを予測するためのものです。具体的には、無リスク資産(例えば国債など)の利益と、市場全体の平均的なリターンとの差(市場リスクプレミアム)を、その投資の市場リスクに対する感応度(ベータ)で調整したものが、その投資の期待リターンになるという考え方です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。