気迷い

「気迷い」とは、投資家が株価の動きに対して迷いや不安を感じ、投資判断が難しくなる状態を指します。例えば、株価が上昇し続けている時に、これ以上上がるのか、それとも下がるのかという不確実性から投資判断がつかない状態を「気迷い」と言います。この状態が続くと市場全体の売買が停滞し、株価の動きが小さくなることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。