希薄化

「希薄化」とは、企業が新たに株式を発行した場合、一株あたりの利益(EPS)が減少する現象を指します。これは、利益を分ける株式の数が増えるため、一株当たりの利益が減るからです。また、希薄化は株主の所有割合が減少することも指すことがあります。つまり、新たに株式を発行することで、既存の株主の持ち株比率が相対的に下がり、影響力が希薄化するという意味でも使われます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。