基礎年金

「基礎年金」とは、一般的に退職後の収入保障として支給される年金の基本部分を指す言葉です。多くの年金制度においては、加入者が働いていた期間や加入年数、平均的な収入などに基づいて計算される金額が基礎となる部分です。この基礎年金は、生活の最低限度を保障するための基盤となる部分であり、その上で追加的な給付や、私的な貯蓄・投資などからの収入が加わることで、リタイアメント時の収入全体が形成されることになります。基礎年金は、多くの国の社会保障制度や企業の年金制度において、重要な役割を果たしています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。