季節調整値

「季節調整値」とは、統計データに含まれる季節的な変動要因を取り除いた値のことを指します。多くの経済指標は季節による影響を受けるため、月や四半期ごとのデータの変動を正確に評価するには、その季節的な要因を除外する必要があります。

例えば、冷暖房の使用により電気の消費量は夏や冬に増加する傾向があります。このような季節的変動を考慮せずにデータを評価すると、誤った結論を導く可能性があるため、季節調整が行われます。季節調整値は、経済の基本的な動向やトレンドを把握する際の参考として利用されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。