織込み済み

「織込み済み」とは、株価に既に特定の情報や期待が反映されている状態を指します。例えば、ある企業の業績が良くなると予想されるとき、その予想は多くの投資家によって共有され、株価に先行して織り込まれます。そのため、実際に良い業績が発表されても、株価が大きく上がらないことがあります。これは、良いニュースが「織込み済み」であるため、市場にとっては新しい驚きではなくなっているからです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。