オプション取引

オプション取引は、将来特定の株式や通貨などを、あらかじめ決められた価格で買うか売るかの権利を取引するものです。この権利を買う側はプレミアムと呼ばれる料金を支払います。オプションには「コールオプション」(買う権利)と「プットオプション」(売る権利)があります。市場の価格変動によって、オプションを行使するかどうかを決めることができ、行使しない選択も可能です。リスクを限定しつつ、潜在的な利益を追求できる取引方法です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。