大底

「大底」とは、株価や市場が長期間の下落の後に到達する最低点のことを指します。この時点で株価は底を打ち、その後は上昇に転じることが期待されます。投資家は大底を見極めて購入することで、大きな利益を得るチャンスがありますが、実際には大底を正確に予測することは非常に難しいです。大底は後から振り返って初めて明らかになることが多く、リスクを伴う投資判断となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。