大型株、中型株、小型株

証券用語で「大型株」とは、市場での企業の時価総額が非常に大きい株式を指します。これは一般的に安定した業績を持ち、投資家に広く認知されている大企業の株です。一方で「中型株」は、時価総額が中間の範囲にある企業の株式を指し、成長の可能性とともにある程度の安定性を持っています。最後に「小型株」は、時価総額が小さい企業の株式で、大きな成長の可能性を秘めているものの、価格の変動が大きくリスクも高い傾向があります。これらの区分は投資戦略を立てる際に重要で、リスクとリターンのバランスを考慮する際の指標となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。