欧州通貨単位

「欧州通貨単位」は、ユーロが導入される前の欧州連合(EU)の共通通貨単位で、略称はECU(European Currency Unit)です。ECUは、EU加盟国の各通貨を一定の比率で組み合わせたバスケット通貨で、主に国際決済や金融商品の評価に使われました。しかし、1999年にユーロが導入されると、ECUはユーロに置き換えられ、現在は使われていません。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。