欧州金融安定基金

欧州金融安定基金(European Financial Stability Facility, EFSF)は、ユーロ圏の財政危機に対応するために2010年に設立された機関です。ユーロ圏の国々が出資し、財政問題を抱える加盟国に融資を行うことで、危機を乗り越える手助けをします。この基金は、一時的な措置として設けられ、後に永続的な機関である欧州安定メカニズム(ESM)に置き換えられました。EFSFの目的は、ユーロ圏の安定を保ち、経済危機の拡大を防ぐことにあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。