追い証

「追い証」とは、証券取引において、投資家が取引で使う証拠金が不足した際に、証券会社から追加で証拠金を入金するよう要求されることです。例えば、株式の信用取引先物取引で市場の価格変動により損失が出た場合、口座の証拠金維持率が基準値以下になると、追加でお金を入れなければならなくなります。これを「追証」とも呼び、追加の証拠金を迅速に提供しないと、持っているポジションが強制的に決済されるリスクがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。